在宅チーム医療栄養管理研究会
By 在宅チーム医療栄養管理研究会 Follow | Public

本研究会は、介護保険制度が施行される以前の1999年より一人でも多くの管理栄養士が在宅に進出して在宅チーム医療・ケアの一員として活動することを願い発足され本年で19年目を迎えます。

高齢者が在宅で自分らしく暮らしていくために、高齢者が陥りやすい脱水・低栄養・嚥下困難・褥瘡などの疾患を予防しまた重篤化しないために、管理栄養士が生活の場である在宅に出向き専門的な視点で関わる訪問栄養指導が欠かせないと考え、この普及のため活動を続けました。
本研究会では、18年間で培ってきた知識と経験を広く共有すべく、在宅訪問栄養の教科書となる「スリーステップ栄養アセスメント(NA123)を用いた在宅高齢者食事ケアガイド」と在宅訪問栄養活動を始める際に必要な具体的な情報を集めた「訪問栄養指導って何をするの? 在宅訪問栄養ハンドブック」の二冊を出版・販売しおり、また近々新刊も出版いたします。

本研究会の更なる発展のため、今後もご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。